正月飾り


 

正月飾り -破魔弓-

 

男の子の赤ちゃんが誕生し、初めて迎える『初正月』を祝って飾ります。

 

 

正月飾り -羽子板-

 

女の子の赤ちゃんが誕生し、初めて迎える『初正月』を祝って飾ります。

 


正月飾りの豆知識

赤ちゃんが迎える『初正月』を祝って、おじいさんおばあさんや、親しい人などが、女の子には「羽子板」を男の子には「破魔弓」を贈る習慣があります。

「羽子板」は女の子のお守りです

羽子板は、女の赤ちゃんの無病息災のお守りの意味を持ちます。その昔、お正月に羽根付きをして、その年の厄払いをしたのが始まりと言われています。

 

「破魔弓」は男の子のお守りです

破魔弓は、魔除け、厄払いのお守りの意味を持ちます。その昔、新春の弓矢で的を射て年占いを行ったのが始まりとされ、弓矢の持つ力を信じることから生まれたとされています。

 

二人目、三人目の場合は?

羽子板、破魔弓はその子自身のお守りです。一人一人のお守りとして用意してあげたいものです。

 

正月飾りはいつからいつまで飾るの?

12月中頃以降に飾り、お正月を経て、1月の中頃にしまうのがよいでしょう。

ひな人形や、五月飾りの脇に飾っていただくのも、良いでしょう。

製造直売 人形の大路  幸寿作 〒664-0874 兵庫県伊丹市山田5丁目1-13

TEL:072-783-1166

営業時間 10:00 ~ 19:00